TOPPAGE

女性に多い下半身太り

下半身太りが女性に多いのはなぜ?

女性は男性より下半身太りが多いといわれています。

実際に女性は上半身は痩せているのに下半身は太い方を見かけますが、男性はお腹周りが大きくても足が目立って太いという方は見かけません。

その理由は女性と男性の身体の作りの違いにあります。

まず男性の方が筋肉量が多く、女性は少ない為に基礎代謝が男性と比べて低くなりやすく、むくみやすい身体になりやすいと言う点。

そして、筋肉量が少ない分、正しい姿勢をキープしづらい為に姿勢を崩した状態いる事が多くなり、身体に歪みが生じて下半身の血流が悪くなりむくみになり、そのむくみを長期間放置すると脂肪に変わってしまい下半身太りになります。

次に女性は子供を授かる事を目的に身体が創られていることも女性を下半身太りにする要因です。

子供を授かる場所である子宮を守る為に男性と比べて下半身に脂肪細胞が多くなっていると言われています、脂肪細胞が作り出す皮下脂肪は、子宮の温度を保つ役目と子宮を衝撃から守る役目があり、子宮の中の子供を守ります、そして出産する際には骨盤が開く為に、出産後に骨盤が閉じる時に歪みが生じる事が多いので、その歪みが血液やリンパ液の流れを悪くしてむくみを生じます。

そして脂肪の貯蔵庫の場所が男性は腹部や心臓付近にあり腹部が痩せにくく、女性は下半身に貯蔵するようになっているので上半身から痩せて下半身は痩せにくくなっています。

ですから、中地半端なダイエットを繰り返すとそれだけ下半身に脂肪が取り残されて下半身太りがひどくなります。