TOPPAGE

食事でできるむくみ予防

食事を見直してむくみを追い出そう

身体がむくむ原因として、アルコールの過剰摂取や塩分もしくは糖分の多い食事を摂る事があります。

その為にまずアルコールは飲み過ぎない、塩分や糖分の多い食事は控えて、ファーストフードやインスタントラーメンなどは避けるようにしてバランスの良い食事を摂ることが必要です。

そしてカフェインを含むコーヒーや緑茶、紅茶の飲み過ぎなどでカフェインを過剰に摂取することは、血流を悪くするのでむくみの原因となるので控え、水もしくはぬるま湯、カフェインを含まない麦茶を飲むようにします。

飲み方も一気に飲むとそのまま尿として排泄されてしまうので1時間にコップ1杯という感じでゆっくりと、そして出来るだけ多く飲みましょう。

そういう飲み方を心掛けることで体内の血液やリンパ液の流れを良くしむくみを解消します。

次にカリウムを摂取する、カリウムは塩分を体内から排出する作用があるのでパセリ、ほうれん草、アボカド、キウイ、納豆などのカリウムが豊富な食材を食べると良いです。

そしてマグネシウムも塩分を体外に排出するする作用があるので、マグネシウムを含むのりやわかめなども摂るようにしましょう。

ビタミンBを含む豚肉やチーズ、クエン酸を含むレモンや梅干しは血液やリンパ液の流れを良くする作用があり、小豆は血管内に水分をため込むたんぱく質を含むのでむくみを解消するのに有効です。

こういった食材を意識して食事を摂ることでむくみの予防そして解消になります。